新芸能集団「乱拍子」養護学校のための作品紹介

(作品のねらい、内容等)

 

       えびすに、大黒、おかめ、ひょっとこ、猿まで出てきて何やら楽しいことばかり!
     ともかく楽しくて、わくわくします。

     

  ほとんどの演目に参加する場面があります。
     生徒の皆さんと一緒に創る公演でもあります。

     

  また乱拍子は日本の伝統芸能の中に込められた、

  生きる力・知恵・人とのつながりの大切さを伝えたいと考えています。

  特に和太鼓の響を体で感じながら心の中にある前向きな気持ちと共鳴しあい5感に

  訴えていきたいと思っています。(第6感にも)

演目紹介

公演時間 1時間20分

  1. 「恵比寿と大黒の祝い太鼓」(生徒の参加があります)

  2. 「大道芸ゴジャの世界」(江戸時代に実在したすたすた坊主の再現)

  3. 「里神楽」おかめ・ひょっとこと猿・獅子舞+お囃子(江戸囃子船橋流)

  4. 「太鼓叩いてあそぼう、祭だー!」

乱拍子は今まで道内20ヶ所以上の養護学校で公演をいたしました。

2010年は上海万博にエントリーして選ばれ

北海道では唯一9月14日にアジア広場のステージ公演をいたしました。

2011年は3月25日~4月8日までアメリカ公演。(主に小・中高校公演)

2013年今年はインドに2週間公演に行きます。

カースト制度のあるインドの中で一番貧しい学校での公演を中心に様々なところで致します。

また乱拍子は札幌で行なわれたDPI世界大会のために

事務局から依頼され障害者と健常者の参加する和太鼓サークル「嵐」をこの15年間指導してきました。

芸を通して子どもの成長を願い育む集団でもあります。

ぜひ皆様と楽しいひととき、心通わすひとときを持てたらと願っています。

ぜひ公演をさせていただけたらと思い資料をお届けいたします。よろしくお願いいたします。

企画概要

公演時期


    2015年 4月  5月  6月  7月 8月(後半のみ)
          9月 10月 11月(前半)
    2016年 2月

会場

体育館、またはホール

出演者

6人

スタッフ

3〜4人

公演費用


公演費用
    基本100,000円・・大太鼓をプラスすると150,000円
    交通費実費(札幌市内は無料)
    *ご相談に応じます。児童数によって公演料も変化します

お問い合わせ

担当

新芸能集団「乱拍子」事務局 村場

電話

011-855-2029
090-2050-1951

メール

出演依頼等

随時承っております。詳細につきましてはメニュー各種公演をご覧ください。

関連リンク

更新履歴

右の写真を是非クリック!!

スライドショーの写真が拡大して出てきます!!

New!

9/24

自主公演の詳細を掲載

(トップページ)

 

8/26

・公演報告の形式を変更

​(公演報告)

 

・団員紹介の内容を一部変更

(団員紹介)